裁判で有利な浮気の証拠とは

浮気調査で手に入る浮気の証拠とは、どんな証拠か?

浮気調査をご依頼されに来られたお客様から、
探偵が集める浮気の証拠についてご質問頂くことがございます。

浮気調査を行っても、手に入った証拠が浮気の証拠として裁判で認められない可能性もあり、探偵へ浮気調査を依頼する際は、どのような浮気の証拠を集めたらいいのか、浮気調査をご依頼して頂く依頼者様にも、正しく知っておいて頂く必要があると思います

配偶者と浮気相手がホテルや住居に出入りする瞬間を写した写真や映像が、裁判で認められる浮気の証拠となる理由は、
2人が「肉体関係を持っていると認められる証拠」だからです。

不貞行為をはたらいているという判断基準に、
肉体関係を持っているか否かがあります。それを客観的に証明することができれば、その証拠は裁判でも通用する浮気の証拠となります。

一方で、裁判で認められない浮気の証拠もあります。

これらの証拠は、浮気の証拠とするには弱く、肉体関係を持っていると判断するのは難しいため、裁判では証拠能力が低いとみなされます。

また、この証拠の証拠能力が低いという理由として、
これらの証拠を相手につきつけたとしても、
「ふざけてやった」、「冗談だった」、「ただ一緒にいただけ」
と何とでも言い訳することが出来るため、
浮気を追求するには弱いため、客観的に見て、言い逃れが出来ない浮気の証拠が必要になります。

裁判で言い逃れが出来ない証拠として、
浮気をした配偶者、浮気相手の証言というのもあります。
浮気をしたことを認める証言を、書面やボイスレコーダーに録音して残すことで、それが浮気の証拠となります。

このように、浮気の証拠と一口に言っても、種類や効果は違います。調停離婚や裁判離婚まで話がもつれてしまった場合は、
裁判で認められる証拠の有無が重要になります。

当社は、これまでの浮気調査で、
裁判において集めた証拠が否認されたことがありません。
離婚を有利に進めるための、浮気の証拠を集めることに強い自信があります。調査内容や浮気の証拠のことで何か疑問があれば、
お気軽にご相談下さい。



▲ページ先頭へ

無料相談


弁護士